ぷれあい的ゲームオブザイヤー2019!!

というわけで、ぷれあいのときから毎年恒例のぷれあいゲームオブザイヤーです。

こっちの記事では早速、ゲームオブザイヤーから発表します。

今年のぷれあい的(げーあい的)ゲームオブザイヤーはそう。

デス・ストランディング

これですね。正直モンハンの方がプレイ時間は上だったりするのですが、心奪われたのは今作。

プレイ序盤は不安でした。本当に歩いていくだけですから。

でもこのゲームの意図がどこに繋がっているのかを知る度に、恐ろしく入り組んだ、人の心に響くゲームだと思い知らされました。

プレイヤーはサムを使い、世界を繋げていくという内容ですが、それをすることで繋がっていくのはサムであり、プレイヤーである。オンライン要素というゆるい繋がりがとても優しい世界観を構築しているんですよね。

この辺は小島監督の作家性の現れです。小島監督の作品って基本的に現実に連動する要素があるんですけど、このゲームも同様で、ゲーム性、シナリオ、考えれば考えるほど人間の在り方をシナリオとゲームプレイに興してるんですよ。

もう本当に感動しました。最後の2時間泣きっぱなし。クリア後も全ての国道開通するまで遊んだし、ジップラインで全てのシェルター繋ぎました。

というわけで、これが今年の一番かな。満足感もあったし「他に類を見ない、新しいゲーム」を見せてくれた。

意義深い【ゲームという体験】の中では、本作は2019年のダントツトップに君臨した作品でした。

他、ぷれあいの方では他部門をやりましたが、こっちではスイッチも含めてサクッと紹介したいのですが

アクション・アドベンチャーはやはりSEKIROですが、スイッチも含めれば

アストラルチェイン

も良かったです。ノミネートって感じですね。

カジュアルながら奥深い戦闘システム、かっこよくて爽快な戦闘モーションなどなど、プラチナの良いところが詰まった作品。最序盤は(設定上含めて)退屈ではあるんだけど、やれることが増えてくるとかなり面白かった。

それでもやっぱりSEKIROですね。今年のアクションはこれに勝てる作品無いです。

あとはスイッチとPS4で

VA-11 Hall-A

も発売されたので、これも推しておきたい。

PSVITAで発売された2018年にもベストインディだかで紹介してるから省いたけど、やっぱりこれ好きなんですよね。

スイッチとPS4版のパッケ買うとついてくる設定資料集欲しくてパッケ版買い直しましたからね。お値段控えめなのでこちらもプレイした事ない人は是非。

来年一発目は何になるだろう。今一番気になってるのは「ドラゴンボールZ カカロット」かなぁ。

FFもドラクエもデスストも出たし……来年はPS5が目前になるんだろうな。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です